スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲渡会

初めて譲渡会へ行った。

トラが亡くなり 淋しくて 淋しくて

涙ばかり流す毎日と

どうしようもない虚無感

なかなか前へ進めない自分・・・

いつまでたってもダメな私・・・と思いつつ

いつからか 

里親募集や保健所での譲渡情報などを見るようになっていた。

ある日

家の近くで譲渡会が開かれると載っていた。

どうしようか・・

トラが亡くなってまだ3カ月が過ぎたばかりなのに・・

色々な思いがうずまく

悩んで・・

悩んで・・・

悩みながらもパパさんに言ってみた。

見るだけでも・・ 行ってみようか・・と言ってくれ

人生初の譲渡会へ。

心の中で ごめんね と、何度もトラに謝っている自分がいる一方

ワクワク感とドキドキ感の入り混じった 何とも言えない複雑な心境・・

会場へ着き ワンワンと聞こえるワンちゃん達の声に なぜだか涙が出そうになった。

元気のいいワンちゃん達ばかりだ。

その中で 真っ白の中型犬(雑種)の男の子が愛想をふっていた。

パパさんが 

この仔、愛想があって可愛いと言いだした。

保健所から引き出されて、まだ間もないらしく

登録もまだだと言っていた。

去勢手術もされていたのに 飼い主さんからの連絡もない。

保健所の職員さんが見た限りでは推定1歳だろうと。

お散歩してみますか?とボランティアさんに言われ

一緒に歩いてみると楽しそうにぴょんぴょんと跳ねるように歩いていく。

でも・・・

歩き方が変・・ 後ろの両足が外股になったままの格好で歩く・・

ボランティアさんに聞いてみると

もしかしたら 小さい時に狭い箱の中にずっと入れられていたのかも・・と。

レントゲンは撮ったんですか?と聞くと まだだと言う。

私達がすごく気になっている様子を察してくれたのか

近々病院へ行ってくれると言って下さり

その結果待ちとなった。

数日後 連絡が入り

2件ほど 違う病院で 見てもらったんですけど・・

2件とも同じことを言われました・・

生まれつきの奇形だと・・

あと一回りぐらい大きくなると思うから 様子を見て手術をした方がいいかも・・

と、言われたそうです。

そんな事実がわかり ボランティアさん達もショックだったと言っていた。

そして 

トラジママさんの以前のワンちゃんは 病気で亡くされて

今は この仔は辛いと思うので

良かったら 他の元気なワンちゃん達も まだたくさんいますので

そちらのワンちゃん達の方を考えて頂いても・・・

と、おっしゃって下さいました。

私も、そうですね・・今は・・

とりあえず、主人と話をします・・

そう言って電話を切った。

私一人での考えで返事が出来る内容ではなかったから。

元飼い主は 奇形だと分かって捨てたんだろうか・・

見た目の歩き方は少しおかしいが 

今は なんら不自由さも感じさせない

天真爛漫な仔なのに。

そんな事を考えながら その夜、主人に話をした。

やっぱりなぁ・・なんかあると思った・・

・・・・

でも、いいやん! 別に!

俺は なんかあの子が気になったんや。 と・・

やっぱりね・・ 

多分・・そう言うと思った。

でもね 

奇形と分かって本当にすべてを受け入れられるのか・・

この先の手術でどうなるのか・・

正直 不安は隠せない・・

現実に お金がかかる事も覚悟の上で育てていかないといけない・・

一週間後に また譲渡会があるので

それまでに もう一度じっくり考えようと話し合った。

そして 2回目の譲渡会。

会場にその子が居なかったので聞いてみると

今日は預かりさん宅でお留守番だと言う。 

ボランティアさん達も 私達が またその子に会いに来るとは思っていなかったみたいだった。

あの子が気になって・・と、ボランティアさんに言うと

預かりさん宅が近くだから すぐに連れて来ます と言ってくれて

2度目の再会。

この日も元気いっぱいの愛想だった。

あっちこっちいっぱいに動きまわり 

まだまだ好奇心旺盛で 少しやんちゃそうな仔。

そんな姿を見て

迷う事なくトライアルを申し出た。

今 我が家に来て5日目。

ボランティアさんは この仔は室内飼いより外飼いの方がいいような・・

と言っていたけど 

とんでもない!

室内飼いでも十分過ぎるぐらいのおりこうさんで

覚えも早いし 無駄吠えもない。

まるで トラ君みたい

140506_122518.jpg
   トラ・・いいよね・・弟だよ。。

パパさんが 

もう うちの仔でいいんじゃないか?! って。

そうよね。 私もそう思う!

二人とも 覚悟はできた。

今日 ボランティアさんに連絡をし 正式に受け入れたい事をお伝えしました。

日曜日に正式な契約を交わし 正真正銘 我が家の仔になります。

今は 不安よりも 

この仔の世話が出来る事にすごく幸せを感じ

また 

ボランティアさん達には、この仔を保健所から引き出してくれた事に感謝しています。


名前は くり に決めました。

くりっくりっ の純粋で綺麗な目だったから。。。。

今度 写真をアップしようかな。。。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村





プロフィール

 トラジママ

Author: トラジママ
 ゴールデンレトリーバーのトラジ♂
 2014年7月23日 天国へ
いつも一緒だった9年5カ月
 まだまだ寂しいけれど
  彼との想い出を
今の私の気持ちと共に 
  綴っています。

トラジ君誕生日 

くりのプロフィール



2014年11月3日
保護犬だった  
真っ白い♂の雑種を
我が家へ迎え入れる
推定1歳未満の元気な子♪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

大切な子達

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。